topic

伊豫学の授業を行いました

2020年1月27日 by admin

伊豫学の授業を行いました

〇日 時    令和2年1月27日(月)6・7限
〇場 所    本校多目的学習室
〇対 象    1学年全員
〇講 師    愛媛大学農学部食料生産学科 中安 章 先生

 本日は『日本の縮図としての愛媛農業』というテーマで、中安先生に講義をしていただきました。様々な統計資料の数字をもとに、栽培面積が小さく畑の占める割合が多いことや果樹(特にかんきつ)・はだか麦の栽培が盛んであるこなど、愛媛県の農業の特徴について学びました。また、愛媛県の農業が抱える問題点についても学びました。果樹農業・柑橘農業は急傾斜地が多く機械化が困難であり、その結果、農業後継者が絶対的に不足している現状を、地域の課題として理解することができました。
 後半には、柑橘農業の再生に向けて労働力問題、農地問題、樹体・品種問題、価格・販売問題のそれぞれの面から解決策を考えました。なかでも、労働力の確保が急務であるといわれており、各班で解決に向けた活発な意見交換が行われました。
 愛媛の特産物である柑橘類の「持続可能な生産体系の確立」に向けて、様々な角度から考えを深められた時間になりました。

令和2年度 愛媛大学附属高等学校 連絡入学・推薦入学試験合格発表

2020年1月24日 by admin

令和2年度 愛媛大学附属高等学校 連絡入学・推薦入学試験合格発表


◎令和2年度 連絡入学・推薦入学試験合格者受験番号一覧 (PDF)はこちら

なお、ホームページ上の発表は参考として閲覧の上、必ず「合格結果の通知書」により確認してください。
合格者については、入学手続き関係書類を中学校長宛に送付しました。

≪連絡入学・推薦入学試験得点等の口頭による開示請求について≫
学力検査の得点については、国立大学法人愛媛大学保有個人情報開示等に関する取扱規定に基づき、
口頭による開示請求をすることができます。

〇期  間   令和2年1月24日(金)~2月21日(金)
〇時  間   月曜日から金曜日までの9時から16時30分まで(国民の休日は除く)
〇場  所   愛媛大学附属高等学校 事務室
〇対  象   受験者本人のみ(電話、はがき等による請求はできない)
〇確  認   本人と確認できる書類(受験票等)が必要
〇開示内容   (連絡・推薦入試)基礎テスト・小論文の得点、並びに調査書の評定の合計

グローバル・スタディーズを行いました

2020年1月17日 by admin

グローバル・スタディーズを行いました

○日 時    令和2年1月17日金曜日6・7限
○場 所    本校多目的学習室
○対 象    2年生全員
○講 師    愛媛大学 農学部 嶋村 鉄也 先生 

 生物多様性をテーマとして、その定義づけと重要性について講義をしていただきました。ニホンオオカミやトキなど、現在生物多様性は古生代の20万倍の速度で絶滅していますが、その主たる原因は人間の活動にあるといわれています。また、生物多様性によって健全な生態系が保たれており、人間が生態系から得る利益について再認識するとともに、相互作用を保つ生き物、地域に固有な生物や生態系(固有種)が大切であるということを学ぶことができました。

 

女子バスケットボール部大会結果報告

2020年1月11日 by admin

女子バスケットボール部大会結果報告

 令和元年度県高等学校バスケットボール新人大会中予地区予選会が実施されました。初戦から延長戦になるなど、激戦続きでしたが、残念ながら県大会出場とはなりませんでした。来年度の総体予選に向けてしっかり練習を積み重ね、自分たちの目標である「県総体ベスト8」を達成したいと思います。応援に来ていただいた皆様、ありがとうございました!!

令和元年度県高等学校バスケットボール新人大会中予地区予選会
(令和2年1月11日・12日)
1回戦     愛媛大学附属高校 62-63 伊予高校
敗者復活1回戦                73-52 松山中央高校
代表決定戦            60-75 松山北高校

グローバル・スタディーズを行いました

2020年1月10日 by admin

グローバル・スタディーズを行いました

○日 時    令和2年1月10日金曜日6・7限
○場 所    本校多目的学習室
○対 象    2年生全員
○講 師    愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 岩田 久人 先生

 「化学物質と環境」というテーマで愛媛大学沿岸環境科学研究センターの岩田久人先生に講義をしていただきました。
 最初に、CMES(愛媛大学沿岸環境科学研究センター)の紹介をしていただきました。CMESの活動内容や目標を知り、世界で唯一無二の生物環境試料バンクであるes-BANKに多くの生徒が興味を持っていました。また、ダイオキシンがアザラシに及ぼすリスクをどのように評価していくかを例に化学物質が野生生物に与えるリスクの評価方法を説明していただきました。内容は難しいものでしたが、化学物質が私たちの暮らす地球に与える影響について学べるとても面白く大変興味深い内容でした。最後に、グループで講義に関する質問を考え、岩田先生にいくつかの問いに答えていただき、本講義の内容についての理解をさらに深めることができました。

 

カテゴリ

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 平成22年度電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.