topic

愛媛大学農学部と本校理科部で集めている酢酸菌を活用した商品が発売開始になりました

2020年6月27日 by admin

愛媛大学農学部と本校理科部で集めている酢酸菌を活用した商品が発売開始になりました

〇日 時    令和2年6月27日(土)
〇対 象    理科部

 本校理科部では、本校果樹園をはじめとする愛媛県の果実から、酢酸菌を集めています。私たちは、理科部員や本校理科部卒業生、愛媛大学生らが集めた酢酸菌群を「えひめ果実の酢酸菌:AiF株」と呼んでいます。これまで、140株以上を集めることができています。AiFの呼称は「cetic acid bacteria solated from ruits and flower, collected by 愛附高校生」の略で、「愛媛産には愛がある」に繋がればとの願いを込めて名付けました。
 酢酸菌はお酢を作る微生物ですが、集めた株によって作り出す酸の種類やお酢の味・香りが、大きく異なることが分かってきました。今回、県内企業・愛媛大学農学部・愛媛県産業技術研究所が共同研究を進めた成果として、日本の伝統的な発酵飲料である米こうじ甘酒に、AiF株から選び抜いたAiF 85株を作用させることによってできた商品(ゼリー)を、県内デパートや道の駅で販売することになりました。AiF 85株が作り出すグルコン酸は、味を良くするだけでなく、美容にも効果があります。理科部では、今後もAiF株を増やすだけでなく、愛媛大学農学部、本校理科部を卒業した大学生・大学院生、県内企業等と協力して、AiF株の活用方法を研究していきます。

グローバル・スタディーズを行いました

2020年6月26日 by admin

グローバル・スタディーズを行いました

○日 時    令和2年6月26日金曜日6、7限
○場 所    zoomによる実施、各HR教室、愛媛大学、和歌山、台湾
○対 象    2年生全員
○講 師    愛媛大学 教育・学生支援機構 村田 晋也 先生 

 キャリア学習Ⅱ(第4回)の講義をzoomで行いました。
 今回は、交換留学で7か月間ドイツに留学した愛媛大学の学生と、日本の大学(大学院)に留学予定の台湾の大学生に参加していただき、留学に関する発表を行っていただきました。
 講義の始めに村田先生より、経験を通して学びを深める方法について、二人の発表から学んでもらいたいとお話がありました。
 ドイツに留学した大学生の方は、交換留学や長期留学のメリットデメリット、留学中の活動や大変だったことなどを具体的に話していただき、台湾の留学生の方は、日本の大学院に留学しようと思ったきっかけや、高校や大学で目標実現に向けて取り組んだことについて話していただきました。
 お二人とも、他の国の文化や考えを尊重し、積極的にコミュニケーションをとることが大切だと話されたことが印象に残りました。
 最後に村田先生より、グローバルコミュニケーションは今後より一層必要になり、その国との関係には歴史的背景があり次の世代へも引き継がれる、という広く長い視野をもつことが大切であると話され講義を締めくくられました。4回の講義はどれも実践的な内容で、今後の活動に大いに生かされると感じました。

通常登校への移行について

2020年6月22日 by admin

通常登校への移行について

令和2年6月21日

保護者各位

愛媛大学附属高等学校
校長 隅田 学

通常登校への移行について

初夏の候、皆様におかれましては、ますます御健勝のことと思います。日頃より本校の教育活動に御理解と御協力をいただき、ありがとうございます。本校では、登校時間の調整と授業時間の短縮を行いつつも5月25日に全体再開をし、4週間が経過しました。学校も活気を取り戻し、生徒も教職員も新しい学年・クラスでの学校生活に精一杯取り組んでいます。
 さて、愛媛県が「感染縮小期」に移行したことに伴い、6月22日(月)より、本校は通常登校に戻します。関係する皆様のご尽力により、これまでの期間を無事に乗り越えられたことは、今後の対策への自信につながっています。心よりお礼申し上げます。6月22日からの校内における感染症対策及び熱中症対策については次のように対応しますので、御理解と御協力をお願いします。
 なお、今後、大学及び国や自治体の方針や感染状況などで、対応を強化することがあります。引き続き3密(密閉、密集、密接)の回避、感染予防・拡大防止の意識を持った行動(毎日の検温、手洗いの励行等)が大切であることを、ご家庭でも生徒と共有して頂きますようお願いします。

○ 次の場合を除き、校内では、マスクを着用することとします。授業中、教員は、基本的にマスクのみを着用することとします。
※ 体育の授業や部活動の活動中
※ 屋外等の換気のよいところで、周りの人と2m以上離れている場合
※ 熱中症が発生する可能性が高いと感じる場合
○ 教室等はエアコンを使用します。使用中も常に2方向の窓を開放して換気します。
○ 定期的に手洗いを行うよう指導し、消毒液の設置を継続します。
○ 毎日の検温等の健康チェックを継続します。

伊豫学の授業を行いました

2020年6月22日 by admin

伊豫学の授業を行いました

○日 時    令和2年6月22日(月)6・7限
○場 所    各教室(Zoomによるオンライン授業)
○対 象    1学年全員
○講 師    愛媛大学宇宙進化研究センター 清水徹先生

 本日は「宇宙天気予報」というテーマで清水徹先生にオンラインで講義をしていただきました。
 はじめに宇宙進化研究センターの大規模構造進化部門、ブラックホール進化研究部門、宇宙プラズマ環境研究部門でそれぞれどのような研究が行われているかについてお話をしていただきました。
 その中でも宇宙プラズマ環境研究部門で行われている研究について詳しくお話しいただきました。宇宙天気予報の研究をされており、太陽の表面爆発の予測をするための太陽の研究、太陽からの爆風が地球を直撃するかどうかを予測するための惑星空間の研究、直撃したら地球にどのような影響があるかを予測するための地球環境の研究が行われていることをお話しいただきました。
 お話の中の、「現在、私たちが生きている地球環境は絶妙なバランスで保たれているが、長い宇宙の歴史の中で一瞬だけ出現している不安定な環境かもしれない」というところでは、かけがえのない地球の有り難さを改めて感じました。
 「宇宙」と聞くとなんとなく遠い存在に思いますが、私たちはその中に生きており、身近なもので、現在の地球環境が「不安定」ならば「安定」にするために何らかの行動をとるべきであるいうことが学べました。
 難しい内容ではありましたが、私たちの存在に関わる内容でもあり、生徒の皆さんは熱心に耳を傾けメモをとっていました。

愛媛県奨学のための給付金(新入生への4~6月分相当額の前倒し給付)について

2020年6月10日 by admin

愛媛県奨学のための給付金(新入生への4~6月分相当額の前倒し給付)について

1年生の保護者の皆さん

 案内文を1年生に配付しました。希望者は、申請書類を事務室まで取りに来るか、愛媛県のホームページからダウンロードして、6月19日(金)(厳守)までに事務室に提出又は郵送(必着)してください。

愛媛県ホームページ (制度の説明と様式のダウンロード)

https://www.pref.ehime.jp/k70400/shogakukyuhukin.html

[ホーム]→[教育・文化・スポーツ]→[学校教育]→[高等学校]→[愛媛県高等学校等奨学のための給付金について]

カテゴリ

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 平成22年度電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.