topic

グローバル・スタディーズを行いました

2020年1月17日 by admin

グローバル・スタディーズを行いました

○日 時    令和2年1月17日金曜日6・7限
○場 所    本校多目的学習室
○対 象    2年生全員
○講 師    愛媛大学 農学部 嶋村 鉄也 先生 

 生物多様性をテーマとして、その定義づけと重要性について講義をしていただきました。ニホンオオカミやトキなど、現在生物多様性は古生代の20万倍の速度で絶滅していますが、その主たる原因は人間の活動にあるといわれています。また、生物多様性によって健全な生態系が保たれており、人間が生態系から得る利益について再認識するとともに、相互作用を保つ生き物、地域に固有な生物や生態系(固有種)が大切であるということを学ぶことができました。

 

グローバル・スタディーズを行いました

2020年1月10日 by admin

グローバル・スタディーズを行いました

○日 時    令和2年1月10日金曜日6・7限
○場 所    本校多目的学習室
○対 象    2年生全員
○講 師    愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 岩田 久人 先生

 「化学物質と環境」というテーマで愛媛大学沿岸環境科学研究センターの岩田久人先生に講義をしていただきました。
 最初に、CMES(愛媛大学沿岸環境科学研究センター)の紹介をしていただきました。CMESの活動内容や目標を知り、世界で唯一無二の生物環境試料バンクであるes-BANKに多くの生徒が興味を持っていました。また、ダイオキシンがアザラシに及ぼすリスクをどのように評価していくかを例に化学物質が野生生物に与えるリスクの評価方法を説明していただきました。内容は難しいものでしたが、化学物質が私たちの暮らす地球に与える影響について学べるとても面白く大変興味深い内容でした。最後に、グループで講義に関する質問を考え、岩田先生にいくつかの問いに答えていただき、本講義の内容についての理解をさらに深めることができました。

 

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 英語科の部 申し込みについて

2019年12月25日 by admin

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 英語科の部 申し込みについて

2019年12月25日

 令和2年年2月3日(月)に、「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 英語科の部」を開催いたします。毎日の教室で実践に取り組まれている先生方や、大学で教科教育を深められている研究者、学生の皆さんなど、それぞれのお立場からご意見をいただき、学びあう会になることを目指しております。
是非、ご参加ください。

申し込み方法:
①下記の「申し込みフォーム」より必要事項を入力
②「申し込みフォーム」の一番下にある「送信」をクリックする
③申し込み完了

○「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 英語科の部」

「詳細」はこちら
「申し込みフォーム」はこちら

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 数学科の部 申し込みについて

2019年12月23日 by admin

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 数学科の部 申し込みについて

2019年12月23日

 令和2年年3月9日(月)に、「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 数学科の部」を開催いたします。毎日の教室で実践に取り組まれている先生方や、大学で教科教育を深められている研究者、学生の皆さんなど、それぞれのお立場からご意見をいただき、学びあう会になることを目指しております。
是非、ご参加ください。

申し込み方法:
①下記の「申し込みフォーム」より必要事項を入力
②「申し込みフォーム」の一番下にある「送信」をクリックする
③申し込み完了

○「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 数学科の部」

「詳細」はこちら
「申し込みフォーム」はこちら

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 理科の部 申し込みについて

2019年12月23日 by admin

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 理科の部 申し込みについて

2019年12月23日

 令和2年年2月21日(金)に、「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 理科の部」を開催いたします。毎日の教室で実践に取り組まれている先生方や、大学で教科教育を深められている研究者、学生の皆さんなど、それぞれのお立場からご意見をいただき、学びあう会になることを目指しております。
是非、ご参加ください。

申し込み方法:
①下記の「申し込みフォーム」より必要事項を入力
②「申し込みフォーム」の一番下にある「送信」をクリックする
③申し込み完了

○「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 理科の部」

「詳細」はこちら
「申し込みフォーム」はこちら

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 国語科の部 申し込みについて

2019年12月23日 by admin

令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究会 国語科の部 申し込みについて

2019年12月23日

 令和2年年2月18日(火)に、「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 国語科の部」を開催いたします。毎日の教室で実践に取り組まれている先生方や、大学で教科教育を深められている研究者、学生の皆さんなど、それぞれのお立場からご意見をいただき、学びあう会になることを目指しております。
是非、ご参加ください。

申し込み方法:
①下記の「申し込みフォーム」より必要事項を入力
②「申し込みフォーム」の一番下にある「送信」をクリックする
③申し込み完了

○「令和元年度 愛媛大学附属高等学校教育研究大会 国語科の部」

「詳細」はこちら
「申し込みフォーム」はこちら

愛媛大学附属高等学校教育研究大会のご案内

2019年12月23日 by admin

愛媛大学附属高等学校教育研究大会のご案内

愛媛大学附属高等学校では、以下の予定で令和元年度の「教育研究大会」を開催いたします。
ご多用中とは存じますが、多くの皆様方のご指導、ご助言を賜りますようお願い申し上げます。

数学科の部
日時:令和2年3月9日(月)13時30分~16時20分(受付12時45分~)
会場:愛媛大学附属高等学校
※詳細及び申込につきましては、こちらをご覧ください。

国語科の部
日時:令和2年2月18日(火)13時30分~15時50分(受付13時00分~)
会場:愛媛大学附属高等学校
※詳細及び申込につきましては、こちらをご覧ください。

英語科の部
日時:令和2年2月3日(月)13時30分~16時05分(受付13時00分~)
会場:愛媛大学附属高等学校
※詳細及び申込につきましては、こちらをご覧下さい。

地理歴史・公民科の部
日時:令和元年10月29日(火) 13時30分~15時20分(受付12時30分~)
会場:愛媛大学附属高等学校
※詳細及び申込につきましては、こちらをご覧ください。

理科の部
日時:令和2年2月21日(金)10時30分~12時30分(受付10時00分~)
場所:愛媛大学附属高等学校
※詳細及び申込につきましては、こちらをご覧下さい。

全国高校生フォーラムで発表しました

2019年12月22日 by admin

全国高校生フォーラムで発表しました

○日 時    令和元年12月22日(日)
○場 所    東京国際フォーラム
○発表者    2年 布 こころ さん

 東京の国際フォーラムで行われた、全国高校生フォーラムで本校生徒が日頃の研究成果を発表しました。このフォーラムは、全国のWWL指定校、SGH指定校、地域との協働による高等学校教育改革指定校などが参加して各校の取組をポスター発表し、テーマ別ディスカッションをする会です。発表や質疑、討論会などの全ては英語で行われます。本校では様々な研究活動が個人、グループ、授業、高大連携授業、部活動で行われていますが、今回は選抜されて2年生の布こころさんが参加することになりました。内容は、STEAM教育の観点という切り口で、愛媛県への外国人観光客の動向について、彼女が週末や放課後に個人で調査した結果です。布さんがグループ別協議のリーダーとして、あるいは全体の生徒交流会でも率先して手を揚げて英語で発表する様子は、非常に高く評価されました。

 

「課題研究代表者発表会」のご案内

2019年12月20日 by admin

「課題研究代表者発表会」のご案内

愛媛大学附属高等学校では、以下の予定で令和元年度の「課題研究代表者発表会」を開催いたします。

「課題研究代表者発表会」
日時:令和元年2月8日(土)9:30~12:30
会場:愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホール

ご多用中とは存じますが、多くの皆様方のご指導、ご助言を賜りますようお願い申し上げます。

詳細はこちら「課題研究代表者発表会」案内をご覧ください
Webによる申し込みはこちら

伊豫学の授業を行いました

2019年12月18日 by admin

伊豫学の授業を行いました

〇日 時    令和元年12月18日(水)5・6限
〇場 所    本校多目的学習室
〇対 象    1学年全員
〇講 師    特定非営利活動法人『えひめグローバルネットワーク』代表 竹内 よし子 先生

 本日は「SDGsと私たち」というテーマのもと竹内先生に講義をいただきました。最初にSDGsを考える前に、前身のMDGs(ミレニアム開発目標)についての学習を行いました。SDGsは全員知っていましたがMDGsについては初めて耳にする生徒がほとんどでした。実は2000年から世界の課題に取り組んでいたことを知りました。2015年に採択されたSDGsは一部の国や地域で取り組むのではなく、世界中の国や地域・一人ひとりが5つのポイントを念頭に、積極的に取り組むシステムに大きく前進しました。
 日本でのSDGsの取り組みは、政府を主体に地方自治体・学校・企業等幅広い場所で行われています。それぞれの機関でどのようなゴールに関連性をもたせ、その解決に向けて活動していくかが問われています。愛媛県や松山市においても関連のあるESDについての紹介がありました。
続いて6つの新聞記事を参考に、SDGs「17の目標」のどこに関連性があるかをグループで話し合い、それぞれの意見を交換しました。新聞記事を読むにあたり表面的な事柄だけでなく、さらにどのようなところに関連していくのかを『考える力』を身に付けてほしいとのメッセージをいただきました。
 後半では、えひめグローバルネットワークの「モザンビークとのつながりから考える」という活動からSDGsについてさらに具体的に考えを深めました。現地での武器回収や松山市の放置自転車やミシンの寄贈、ESD for SDGs、オリジナル商品の開発販売などを通じて貧困問題の解決に向けて様々な角度から取り組んでいることを学びました。
 最後に、本校卒業生で神戸市外国語大学2回生の竹内星子さんから、3度のモザンビークでの活動を紹介があり、高校生として感じて欲しいこと等、後輩へのメッセージを送っていただきました。

カテゴリ

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 平成22年度電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.