topic

学長の講話を受講しました

2018年5月14日 by admin

附属高等学校新入生121人が大橋裕一学長の講話を受講しました

○日時    平成30年5月14日(月)14:25~15:10
○場所    本校多目的学習室
○対象    1年生全員

平成30年5月14日(月)附属高等学校多目的学習室で、新入生121人を対象に、「近視を考えよう!」というテーマで大橋裕一学長に講話をしていただきました。
この講話は、昨年度、文部科学省から中間評価としては最高評価を受けたスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の開講科目の1つである「伊豫学」の授業として、1年生を対象に開講しています。この授業では、学長をはじめとする多くの愛媛大学教員による講義や、フィールドワーク、グループ学習等を通して、地域の課題を発見し、自ら探求する力を涵養することを目的としています。
講話では、大橋学長から、眼球の構造、目の働き、視覚の重要性、近視の予防法や手術の方法など、写真や動画などを示しながらご説明いただきました。また、目が悪いということは得られる情報が減ってしまうことや、学童の近視の増加が世界的にも問題になっているお話がありました。
生徒からは、「今回の講義を聞いて、近視の基本的な知識や原因を知ることができた」「世界中に近視で悩んでいる人は数多くおり、その悩みを解決するために様々な研究がなされていることを知ることができ、身近にいる近視の人に矯正手術のことを話してみようと思った」「将来、医療系の職に就きたいと考えているので、本日の講義はとても有意義でした」といった感想のほか多数の質問や発言がなされました。
高校生活をスタートさせたばかりの1年生にとって、初めて触れるアカデミックな雰囲気の中で、好奇心が駆り立てられる講話でした。

遠足に行きました

2018年5月9日 by admin

遠足に行きました

○日 時    平成30年5月9日水曜日
○場 所    大三島・大久野島
○対 象    3年生・留学生アリヤさん

五月晴れのもと、3学年団と留学生のアリヤさんはバスに揺られ、しまなみ海道経由で大久野島を目指しました。途中、大山祇神社に立ち寄り、受験に向けて合格祈願をする生徒もいました。
大三島の盛港から出港するフェリーに乗船し、爽やかな潮風を感じながら、瀬戸内の多島美を満喫しました。
我々一同は、大久野島に上陸するやいなや愛らしいウサギの出迎えを受けました。人懐っこいウサギに持参した野菜を与えて、触れ合い癒しの時間を過ごす姿が見られました。また、毒ガス資料館で戦前・中・後の大久野島の歴史を真剣な眼差しで学ぶ姿もありました。
高校生活集大成の一年になりますが、生徒間や教員と絆が一層強まった充実した時間を過ごすことができました。

PTA総会並びに教育後援会総会を挙行しました

2018年5月2日 by admin

PTA総会並びに教育後援会総会を挙行しました

 

○日 時    平成30年5月2日 水曜日11:00~12:30
○場 所    本校4棟4F多目的学習室
○総会次第

PTA総会
1 PTA会長挨拶
2 学校長挨拶
3 議長・書記・議事録署名人指名
4 議事
(1)平成29年度行事報告
(2)平成29年度PTA会費決算報告
(3)平成29年度会計監査報告
(4)平成30年度行事計画案
(5)平成30年度PTA会費予算案審議
(6)役員改選

教育後援会総会
1 議長・書記・議事録署名人指名
2 議事
(1)平成29年度教育後援会費決算報告
(2)平成29年度会計監査報告
(3)寄付金収支状況
(4)平成30年度教育後援会費予算案審議
(5)役員紹介
新旧役員挨拶
1 旧役員挨拶(旧3年役員)
2 新常任理事・監事紹介、会長あいさつ
3 教育後援会会長あいさつ
4 学校側理事紹介

5月2日(水)にPTA総会並びに教育後援会総会を挙行いたしました。愛媛大学附属高等学校のPTA活動は多くの保護者の方のご支援のお陰で運営できており、本総会は年に1度の大事な総会でした。当日は授業参観日ということもあり、多くの保護者の方にご参加いただきました。
総会内容は、上記の通りです。滞りなく円滑に議事を進行することができました。総会の最後には新旧役員紹介、学校側の理事紹介を行い、旧3年生の役員の方々にご挨拶をいただき、記念品を贈呈いたしました。旧役員の皆様、今まで本校の為に尽力していただきありがとうございました。新役員の皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

グローバル・スタディーズの授業を行いました

2018年4月20日 by admin

グローバル・スタディーズの授業を行いました

○日 時    平成30年4月20日金曜日6・7限
○場 所    本校多目的学習室
○対 象    2年生全員

愛媛大学法文学部の秋山英治先生を講師としてお迎えし、「日本語力を高めよう」というテーマで、グローバル・スタディーズの第1回目の授業を行いました。私たち日本人が気付いていない日本語の不思議について、分かりやすい事例を数多く取り上げ説明いただきました。私たち日本人が、普段使用している日本語について、いかに理解できていないか自覚する機会となりました。この高大連携授業「日本語リテラシー」の授業で、eラーニング教材も活用しながら、日本語検定3級全員合格を目指します。

ブランドマネージャーコンテストにおいて特別賞を受賞しました

2018年4月18日 by admin

ブランドマネージャーコンテストにおいて特別賞を受賞しました。

○日時     平成30年4月18日(水)
○受賞者    佐藤 飛都 君
「文部科学省官民協働留学創出プロジェクト」「トビタテ!留学JAPANプロジェクトディレクター」主催のブランドマネージャーコンテストにおいて、佐藤飛都君(3年生)が特別賞を受賞しました。校内の留学経験者を巻き込み、国ごとのブースを設置した対話型の説明会を開催したことで、参加者にとって留学をより身近にすることに貢献しました。また、SNSを活用した説明会の参加者募集は他のイベントでも応用できる良い事例となりました。その功績を高く評価され表彰されました。

附属高校創立10周年記念行事を挙行しました

2018年4月13日 by admin

附属高校創立10周年記念行事を挙行しました

○日 時    平成30年4月13日金曜日14:00~15:40
○場 所    本校体育館
○式次第
創立記念式典
1 開式の辞
2 来賓紹介
3 学校長式辞 浅井英典校長
4 祝辞 三浦和尚副学長 山本修平PTA会長
5 校歌斉唱
6 閉式の辞

記念講演会
1 講師紹介
2 記念講演 講師:作道若菜様(附属高校1期生)
演題:「ザンビア生活から学んだ日本と世界のこと」
3 生徒謝辞 石丸諒 生徒会長

4月13日(金)の午後、愛媛大学学長大橋裕一先生をはじめ、多くの方々を来賓に迎え、附属高校創立10周年記念式典を挙行しました。
学校長浅井英典先生は式辞で、「本校での取組は、現在学力の3要素として挙げられている『知識・技能』『思考・判断・表現力』『主体的な他者との共同的作業』を実践した形になっている。今後、本校の生徒の素直さや、のびやかさを失わせることのないように、人間性豊かな人材の輩出を目指したい」と述べられました。愛媛大学副学長三浦和尚先生は、数年前の運動会での生徒の臨機応変な対応を例に挙げ、のびやかに育つ生徒たちへの期待を語ってくださいました。PTA会長山本修平様は、人生に思いがけない出来事があった時、どう対応すべきかをお話くださいました。
記念講演は、1期生の作道若菜様に、ザンビアでの青年海外協力隊としての活動についてお話いただきました。「私たちには知らないことがたくさんある。世界は広くておもしろい」という言葉が印象的で、ひとつひとつの物事や人々との出会いを大切に、様々な経験を積んでいこうと、生徒たちにとっても決意を新たにする良いきっかけとなりました。

長期留学生の歓迎会を行いました

2018年4月9日 by admin

長期留学生の歓迎会を行いました

〇国籍     アメリカ合衆国
〇氏名     アリヤ ロビンソンさん(Aliyah Robinson)
〇留学期間   平成30年4月9日(月)~平成31年2月2日(土)
〇受入学年   2学年

学校長より、留学生歓迎のあいさつをいただいた後、留学生のアリヤさんがあいさつを行いました。アリヤさんは、全校生徒に日本語で自己紹介をしました。また、生徒会長より英語で歓迎のあいさつを行いました。これから、本校生徒と一緒に、授業や、学校行事、部活動等、学校生活を送ります。

入学式・対面式を挙行しました

2018年4月9日 by admin

入学式・対面式を挙行しました

○日 時    平成30年4月9日(月)13:30~14:20
○場 所    本校体育館
○対 象    全校生徒・保護者

本日、平成30年度入学式を挙行し、新入生121名(附属高等学校11期生)が入学しました。
入学式では、吹奏楽部の演奏にあわせて新入生が入場しました。新入生の胸には、本校の授業で丹念に育てた花を活用して、在校生や保護者の方々によって一つひとつ丁寧に作られたコサージュが添えられました。
国歌斉唱の後、クラス担任の教諭から名前を読み上げられた新入生が、一人ずつ力強く返事をして起立しました。その後、新入生を代表して古市真斗さんが、「本校には愛媛大学と連携した、他校には無い独自の教育プログラムがあります。愛媛大学の先生の最先端の研究に触れながら、三年間かけて、自ら課題を見つけ解決するということを目的として授業を受けることができます。また、本校はスーパーグローバルハイスクールに指定されており、グローバルな視点を持ち、地域の活性化に向けての課題解決にリーダーとして貢献できる人材の育成に力を入れています。このような環境のもとで、学習に対する高い意欲と探究心を持ち、自主的に学習に取り組んでいきたいと思います。そして、常に自分の将来を見据えながら、一日一日を大切に過ごし、あらゆる面から自分たちの可能性を広げられるよう、一生懸命努力していきます。」と宣誓しました。
続いて、浅井英典校長から「本校では、「学びに対する高いモチベーション」「地域を担う意欲」とそれを支える「確かな学力」を育て、「生きる力」を愛媛大学と連携して、培うことを教育理念とし、現在、大学と高校間で密接な高大連携事業が成されています。是非、本校の特色ある多様な学びの環境の中で、学んできたことを手掛かりにして、自らが興味・関心のある専門分野、そして更には職業の領域をじっくりと考えて頂きたいと思います。自分にとって、より良い答えを見つけ出し、適切な決断を下すためにも、どうか、明日からの一日一日を大切に過ごして頂くことを強く願っています。新入生の皆さんが、大きく成長することを期待して、迎える言葉とさせて頂きます。」と式辞がありました。
引き続き、三浦和尚副学長から「私は、スピードスケートの小平奈緒選手を以前から応援していました。彼女は500メートルを36秒94で滑りました。新記録、自己ベストの為に、500メートルの中の13.5センチに人生をかけて取り組んでいるのです。小平奈緒選手は、好きな言葉として、インド独立の父ガンジーの次の言葉をあげていました。「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」明日死んでも悔いの残らないように今日を生きよ、永遠に生きるとすれば、そのために毎日学び続けるほかはない、ということでしょう。普通の人間になかなかできることではありません。その言葉を自分のものにしようと心にとめた小平選手だからこそ、メダルが取れた、自己実現が果たせたのだと思っております。これからの皆さんの3年間が充実したものとなりますよう、期待し、祈っております。」と祝辞がありました。
最後に、山本修平PTA会長から「公共の精神をとうとび、豊かな人間性と創造性を備え、伝統を継承し、その伝統と文化を尊重し、それらを育んできた僕たちの国、日本とふるさと愛媛を愛するりっぱな青年となるよう日々努力をしてください。そして心休まる優しさを与え続けている家族を大切にして、少しの横着とたくさんの感謝をささげる毎日をおくること。あるべき自分の未来の姿を必ず、本学園で見つけて、一意専心確かな一歩を踏み出してください。本学園に来てくれてありがとう。」と祝辞がありました。
入学式の後、附属高等学校恒例の対面式を実施しました。新入生及び在校生がお互いに向かい合い、新入生代表の佐藤美和さんが在校生に対し、入学に際しての決意を表明しました。これを受けて、在校生代表の石丸諒さんが歓迎の言葉を述べました。
新しい生活の始まりには不安もあると思いますが、愛附の一員として新入生の活躍を期待しています。

第5回一嘗三嘆魚料理王選手権に出場しました

2018年3月17日 by admin

第5回一嘗三嘆魚料理王選手権に出場しました

〇日 時     平成30年3月17日土曜日9:30~12:00
〇場 所     松山市公設水産地方卸売市場
〇出場者     2年生男子3名

一嘗三嘆魚料理王選手権に本校男子3名(チーム名:Men’s Kitchen 愛附亭)が出場し、協賛賞(愛媛銀行賞)をいただきました。鯛まるごと一匹を使用したアイデア料理を考案し、書類選考を通過した5チームで競いました。競技内容は1時間以内で鯛を主食材とした料理を3品作ります。審査の内容は美味しく出来上がっているかだけでなく、独創的なアイデアが発揮されているか、食材の良さを活かせているか、協力しあって調理できているかなどです。

Men’s Kitchen 愛附亭は事前に練習を重ね、『DK和風イタリアン』と題し、「ピッツァに負けない鯛とお味噌のご飯ピザ」「鯛のサルタータ~2種のソースを添えて~」「鯛マリネのサラダスパゲティ~酸っぱい青春ドレッシング~」の3品を完成させました。彩りもよく、美味しく出来上がっていました。審査員の先生には鯛をさばく手つきやチームワークなどを褒めていただきました。準備から本番まで生徒主体で取り組んだことで、創造力・段取り力・協働性が鍛えられ、とてもいい経験になりました

「天体観測会」を実施しました

2018年3月16日 by admin

「天体観測会」を実施しました

○日 時    平成30年3月16日(金)19:00~21:00
○場 所    地学室、本校2棟屋上
○対 象    全校生徒及び教職員
○講 師    愛媛県総合教育センター 佐藤 栄治 先生

愛媛県総合教育センターから佐藤栄治先生を講師に迎え、天体観測会を実施しました。当日は1年生12名、2年生23名の計35名に加え、教職員から3名の参加がありました。当日は雲がかかっており、望遠鏡による天体観測は実施できませんでしたが、星座早見盤やシミュレーションソフトを用い、大変有意義な会になりました。

カテゴリ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 平成22年度電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.