topic

愛附祭前日のようす

2022年9月20日 by admin

愛附祭前日のようす

〇日 時    令和4年9月20日火曜日 13:30~16:05
〇場 所    各ホームルーム教室、特別教室
〇対 象    1、2年生

 愛附祭前日です。午後の時間をすべて使って、文化部、各クラスで愛附祭の準備をしました。縁日、ファッションショー、スタンプラリー、ホラー迷路などなど・・・、安全に楽しめそうなクラスの催し物が企画されています。強風の中、中庭でリハーサルをしていた書道部のパフォーマンス。果たして明日は成功するでしょうか?理科部と家庭部にずらりと並んだ謎の冊子の正体は?現在も制作中の華道部、美術部の作品は明日に間に合うでしょうか?写真部の看板はヒツジ部と間違えられないでしょうか?

コロナ禍の中での愛附祭ですので、昨年度に引き続き、生徒の活動も一般の保護者の方をお迎えすることにも制限がありますが、その制限の範囲内でも楽しめる愛附祭になるよう準備が着々と進んでいました。

第13回Eカフェを行いました

2022年9月20日 by admin

第13回Eカフェを行いました

○日 時    令和4年9月20日(火)
○場 所    ワークショッププレゼンテーションルーム、リサーチプロジェクトルーム、教員研修研究室
○対 象    全校生徒

第13回「Eカフェ」の対面はコンゴ民主共和国、パキスタン、ガーナからの留学生、オンラインではインドネシアからの留学生が担当しました。
今回の話題は「日本の生活で困っていること」です。留学生たちは「室内で靴を脱ぐ習慣」、「日本語だけで書かれた書類や、日本語でかかってくる電話」、「何度もお辞儀をする日本人の礼儀作法」、「日本の四季」、「公共料金は安いのにタクシー料金がとても高いこと」などについて困っているとのことでした。
生徒の皆さん、困っている外国の方を助けてあげることができるよう、Eカフェで英語力を身に付けてください。

 

稲刈り実習を行いました(SDGs探求Ⅰ)

2022年9月20日 by admin

稲刈り実習を行いました(SDGs探求Ⅰ)

〇日 時    令和4年9月12日(月)
〇場 所    グラウンド南側水田
〇対 象    第1学年

晴天のなか、SDGs探求Ⅰの稲刈り実習が行われました。
はじめに、農業科横山先生より、鎌を使った稲刈りのレクチャーがありました。刈り取った稲を「これでお茶碗1杯分」と紹介した際には、生徒からおどろきの声が上がっていました。
水田では生徒たちが6月に植えた苗が成長し、綺麗な穂を実らせていました。生徒たちは、稲刈りとコンバインの脱穀を、会話をしながら楽しそうに行っていました。お米を食べられるありがたさとこれからの農業について考える貴重な体験となりました。

第12回Eカフェを行いました

2022年9月15日 by admin

第12回Eカフェを行いました

○日 時    令和4年9月15日(木)
○場 所    ワークショッププレゼンテーションルーム、教員研修研究室
○対 象    全校生徒

第12回の「Eカフェ」は対面でインドネシア、ミャンマーからの留学生が担当し、本校英語教諭のクラスも作りました。
今回の話題は「近くのおすすめの場所・お店」です。インドネシアからの留学生は「道後」について紹介し、ミャンマーからの留学生は行きつけの飲食店や近所のスーパー、よく行く公園について紹介しました。生徒は留学生にそれぞれのおすすめの場所を紹介するなど、楽しく会話が弾んでいました。

ドップラー効果を体験しました

2022年9月14日 by admin

ドップラー効果を体験しました

○日 時    令和4年9月14日(水)
○場 所    物理室
○対 象    第3学年(物理選択生)

サイレンを鳴らした救急車が自分の前を通過したあと、サイレンの音が急に低く聞こえることがあります。この現象をドップラー効果といいます。本時では、教室内でドップラー効果を体験することができる活動を行いました。1つ目は紐付きのブザーを回転させる方法で、2つ目はバネの先端にブザーを取り付け、バネを伸び縮みさせる方法です。どちらの方法もブザーが近づくときと遠ざかるときで、高さの異なる音を聞くことができます。簡単に実験することができるので、ぜひドップラー効果を体験してみてください。実験を行うときは周囲に十分注意して行うようにしてください。

第11回Eカフェを行いました

2022年9月13日 by admin

第11回Eカフェを行いました

○日 時    令和4年9月13日(火)
○場 所    ワークショッププレゼンテーションルーム、教員研修研究室
○対 象    全校生徒

第11回「Eカフェ」は、対面はコンゴ民主共和国とパキスタンからの留学生、オンラインではインドネシアからの留学生が参加しました。
今回の話題は「近くのおすすめの場所・お店」です。コンゴ民主共和国からの留学生は「道後温泉・飛鳥の湯・椿の湯」、パキスタンからの留学生は「松山城」、インドネシアからの留学生は「業務スーパー、カルディ(輸入品販売店)」を挙げていました。生徒たちはお気に入りの公園などを留学生に勧めていました。

ホームルーム活動で愛附祭の準備をしました

2022年9月8日 by admin

ホームルーム活動で愛附祭の準備をしました

〇日 時    令和4年9月8日木曜日 15:20~16:05
〇場 所    各ホームルーム教室
〇対 象    1、2年生

ホームルーム活動の時間に愛附祭の準備をしました。コロナ禍の中での愛附祭ですので、昨年度に引き続き、生徒の活動も一般の保護者の方をお迎えすることも制限があります。しかし、ルールを守りつつ、少しでも楽しめる活動、少しでも誰かを楽しませることができる活動を企画しようと各クラスで工夫を凝らして計画を立てているようでした。担任副担任の先生方も相談役として側で見守っていますが、主導権を握っているのは生徒たちです。活発に意見交換が行われていました。
来週からは本格的に作業が始まります。文化部員や有志の活動に参加する生徒は二重三重に忙しくなってきますが、受験勉強に取り組んでいる3年生の皆さんに、半日でもリラックスしてもらえるような空間を作ることができたらと思います。乞うご期待です!

第10回Eカフェを行いました

2022年9月8日 by admin

第10回Eカフェを行いました

○日 時    令和4年9月8日(木)
○場 所    ワークショッププレゼンテーションルーム、教員研修研究室
○対 象    全校生徒

令和4年9月8日(木)、第10回「Eカフェ」を開催しました。対面はミャンマーの留学生が担当し、本校英語教諭のクラスも作りました。今回の話題は「行ってみたい国」です。
留学生はちょっと視点を変えて「留学したい国」を選ぶポイントについて、クイズ形式で教えてくれました。まず重要なのは「言語」で、英語が通じるかどうかが大切とのことでした。留学生数が最も多い国はアメリカです。英語を話す国は世界で75か国あり、英語を話す人口が最も多い国はアメリカ、次いでインドです。日本でも英語を話す日本人は20~30%と比較的多いとのことでした。「言語」以外には「母国からの距離、留学後の雇用、留学期間」をポイントに留学先を選んだということでした。
留学生のプレゼンテーションを聴いて、生徒たちは「イングランドで観光したい」「アメリカで野球が見たい」とそれぞれ話していましたが、「自分が留学するなら」など自身に置き換えて考えるいい機会になったようでした。

 

美術部が愛附祭の看板を制作しています

2022年9月7日 by admin

美術部が愛附祭の看板を制作しています

○日 時    令和4年9月7日(水)放課後
○場 所    美術室
○対 象    美術部員

9月21日(水)に実施される愛附祭に向けて、美術部が愛附祭の看板を制作しています。毎年1年生が看板制作を担当しており、1年生にとっては高校入学後初の作品披露となります。完成した看板は体育館前に設置される予定です。

グローバル・スタディーズⅠ(異文化理解)を行いました

2022年9月7日 by admin

グローバル・スタディーズⅠ(異文化理解)を行いました

○日 時    令和4年9月7日(水)6・7限
○場 所    HR教室・講義室Ⅱ、生物室
○対 象    第2学年

グローバル・スタディーズⅠの「異文化理解」の授業を行いました。国別の調べ学習が進められていますが、今日はそれぞれ特徴のある取組が見られました。
モザンビーク班では研究発表が行われており、モザンビークの見どころや建物、食文化などが紹介されていました。アメリカ班も同様に研究発表を行っていましたが、資料も発表もすべて英語で行うなど、さらに発展したものになっていました。また、オーストラリア班の1グループは、現地の遊びを知るために、道具を作ったり穴を掘ったりして中庭で実際に体験しようと試みていました。各国に行くことが難しい今ですが、入手できる情報から多くのことを学び、自ら実践しようとする姿勢がうかがえました。今後、オンライン交流が予定されていますが、国を超えた実りある学びになることを期待したいと思います。

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.