topic

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業 「カリキュラム開発拠点校」に採択されました

2020年4月10日 by admin

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業
「カリキュラム開発拠点校」に愛媛大学附属高等学校が採択されました

 このたび、愛媛大学附属高等学校は、文部科学省の「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」に採択されました。(文部科学省HP発表:令和2年4月10日) WWLコンソーシアム構築支援事業は、 Society5.0の時代に向けて、イノベーティブなグローバル人材を育成するため、文系・理系を問わず各教科等をバランスよく学ぶ教育課程を編成するとともに、高等学校等と国内外の大学、企業や国際機関等が協働して、先進的カリキュラムの研究開発・実践、高校生国際会議の開催等の、高校生へ高度な学びを提供する体制整備を進めるものです。SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の後継の一つとして令和元年度からスタートしています。今年度、新たに文部科学大臣の指定を受ける「カリキュラム開発拠点校」12校が決定し、四国からは本校が唯一の拠点校となりました。実施期間は原則3年間(令和2年度~令和4年度)です。 本校の構想名は「高大連携の国際化を通したSDGsグローバル人材の育成」で、高大連携を国際化させ、「文理融合型の高度で先進的な教育内容の開発」「二重単位履修科目の設定と実施」「系統的で深まりのある課題研究」を行っていきます。「高校版サテライトオフィスの整備」「ICT利活用」「国際附属高校ネットワークの構築」「外国人教育実習生の受け入れ」等により常時的な国際協働の体制と環境を整備し、高度かつ多様な科目内容を生徒個人の興味・関心・特性に応じて履修可能とする学習プログラムを開発・実践していきます。海外留学等の促進により、グローバル人材の育成を目指し、新しい高大接続モデルの開発、検証を行ってまいります。

構 想 名 : 「高大連携の国際化を通したSDGsグローバル人材の育成」
連携校(国内)
愛媛県立松山中央高等学校(公立) 、愛媛県立西条高等学校(公立)京都学園中学高等学校(私立)
連携校(国外)
University of the Philippines Integrated School(フィリピン)College National Ion Creanga(ルーマニア)St Andrews Lutheran College (オーストラリア)義守大学附属国際高校(台湾)、Bella Vista High School(アメリカ)
[参考]文部科学省HP : WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアムの構築に向けて https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/1412062.htm
令和2年度WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における「カリキュラム開発拠点校」 一覧 https://www.mext.go.jp/content/20200410-mxt_koukou02-000006116_01.pdf

カテゴリ

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • 愛媛大学附属高等学校へのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • イベントルバムの詳細はこちら
  • 平成22年度電子パンフレット
Copyright (C) 2010 ehime university senior high school All Rights Reserved.