事業の概要

(1)目的

本校の目指すグローバル人材とは、地域の課題と世界の課題を統合的に捉えるグローカルな視点を持ち、社会課題に対して失敗を恐れずに挑戦し続ける人材を指す。そうした人材は、論理的な思考力、コミュニケーション能力、課題追究能力を兼ね備えている必要がある。そこで、グローバル化を推進する愛媛大学や地域にあってグローバルな展開をしている企業などと連携し、新たな教育プログラムの開発・実践を行っていくことを目的とする。

生徒に身に付けさせたい力は次の四つである。

  • 課題を発見し立ち向かう力
  • 多様な価値を理解し対話する力
  • 論理的に思考し判断する力
  • 知識や技能を適切に運用する力

(2)目標

グローバル人材育成に資する課題研究を中心とした教育プログラムを研究開発し、以下のような生徒を育成することを目標とする。

  • 社会課題に興味・関心を持ち、自ら設定した課題に挑戦する生徒
  • 海外の高校・大学等と積極的に交流する生徒
  • ボランティア活動や国際シンポジウム等へ自発的に参加する生徒
  • グループディスカッションや課題探究を通して、論理的・批判的思考力を身に付けた生徒
  • ICTを用いて課題解決に必要な情報を収集・分析・判断・活用できる生徒

(3)研究開発の概要

地域の課題を追究することによって、グローバルな社会課題に対して失敗を恐れずに挑戦し続けるグローカルマインドを持ったグローバル人材を育成する。3年次に実施される「課題研究」を本事業の中核に位置づけ、国際化を推進する愛媛大学や地域にあってグローバルな展開をしている企業と連携し、教育プログラムの開発・実践を行う。さらに、この取組を広く公開することにより、グローバルな視点から地域の発展に貢献できる人材を輩出する拠点校としての役割を果たしていく。

(1)地域のステークホルダーとの連携

○就農体験 ○えひめグローバルネットワーク ○愛媛大学サポート協力企業
○子規記念博物館 など

(2)海外の協定校との連携

ルーマニア、アメリカ合衆国、韓国、オーストラリア、フィリピン、モザンビーク、インドネシア

(3)愛媛大学との接続

○パイオニアAPプログラムの推進 ○ルーブリック評価による課題研究の高度化
○愛媛大学SUIJIプログラムへの参加 ○留学生インターンシップへの参加

copyright©Ehime University, All Rights Reserved.